2022年の開幕スタメンと7月1日スタメンを比較〜阪神タイガース〜

2022年のプロ野球もオールスターで折り返しまで来ました。どの球団も新型コロナウィルスの影響で中止になったりしてバタバタしていますが、90試合前後(63%前後)を消化しています。

そこでここまでの振り返りの一環として各球団の開幕スタメンと70試合程度消化した7月1日のスタメンを見比べて、どういう状況なのかと台頭してきた選手についての考察をします。

  • 阪神タイガース編
  • セ・リーグの投手はその日たまたま先発だっただけなので考察には含みません

開幕から固定されている選手

  • 佐藤輝明:チームで唯一ほとんど4番で固定。大山が好調時は3番の時もありました。
  • 近本:開幕時は1番でスタートした後マルテの離脱などの理由で仕方なく3番にした感じがありましたが、1番中野と2番島田がハマった影響で固定されています。
  • 中野:近本と同じ理由で2番から1番になりました。
  • 糸原:二塁と三塁で打順も主に下位打線で固定されています。他のスタメンにより流動的になるチームにとって便利な存在です。
  • 大山:開幕時は7番と大山にしては下位でしたが6月の大爆発により佐藤輝明の後ろを任されています。

開幕スタメンだったが離脱した選手

  • マルテ:1度怪我をして離脱し7月1日時点ではリハビリ中、7月中旬に復帰してすぐにまた怪我で離脱しました。
  • 糸井:開幕からしばらくは好調でしたが、6月から絶不調になり2軍降格。矢野監督は後半に1軍復帰を明言しています。

開幕スタメンではなかったがスタメンになった選手

  • 島田:当初は故障離脱者の穴埋め的な感じが強かったが近本と中野の打順変更に伴い空いた2番にうまくハマり、足が使える上位打線を形成しています。
  • 山本:大山が一塁、糸原が三塁に回り空いた二塁を小幡・木浪・北條などを起用していましたが、山本が結果を出して定着しています。

固定していないポジション

捕手:梅野と坂本の併用で今年はいくのでしょうか。どちらかというと梅野の方が起用されています。

<次ページ>阪神の開幕スタメンと7月1日のスタメン表

コメント

タイトルとURLをコピーしました