2022年の開幕スタメンと7月1日スタメンを比較〜広島東洋カープ〜

2022年のプロ野球もオールスターで折り返しまで来ました。どの球団も新型コロナウィルスの影響で中止になったりしてバタバタしていますが、90試合前後(63%前後)を消化しています。

そこでここまでの振り返りの一環として各球団の開幕スタメンと70試合程度消化した7月1日のスタメンを見比べて、どういう状況なのかと台頭してきた選手についての考察をします。

  • 広島東洋カープ編
  • セ・リーグの投手はその日たまたま先発だっただけなので考察には含みません

開幕から固定されている選手

  • 菊池:毎年安定して2番を打っていますが、西川が離脱してからはたまに1番や3番を打っています。
  • 小園:4月まで1割台と絶不調で田中広輔や上本が遊撃手として出場することもありましたが、6月から調子が上がってきておりスタメンで固定されています。
  • 坂倉:不動の5番!4番不在時はたまに4番!

開幕スタメンだったが離脱した選手

  • 西川:交流戦途中に怪我で離脱。まだ復帰しておらず早くても8月以降になる模様。
  • 松山:開幕にマクブルームが間に合わず4番に抜擢。マクブルームが来てからは主に代打起用。
  • 末包:ドラフト6位ルーキーが開幕スタメンに抜擢。5月から成績不振に陥り2軍降格。コロナ陽性にもなり1軍復帰の目処は立っていない。

開幕スタメンではなかったがスタメンになった選手

マクブルーム:開幕は間に合わなかったが日本の野球にアジャストしており、本塁打こそ多くはないが打率も.280前後で得点圏打率.320前後としっかり結果を残しています。

固定していないポジション

  • 捕手:會澤を中心に磯村とたまに坂倉や石原といった起用。
  • 外野手:上本はスタメン起用が多いが固定とまではいかず、最近は野間が固定されています。さらに秋山翔吾が加入して、中堅秋山と右翼野間は固定されそうです。西川が復帰すれば左翼も埋まります。

<次ページ>広島の開幕スタメンと7月1日のスタメン表

コメント

タイトルとURLをコピーしました