2022年 中日ドラゴンズの開幕スタメン予想(理想込)

中日

2022年シーズンもキャンプが始まりオープン戦、3月25日(金)にはペナントレースが開幕します。

新型コロナウイルス感染やそれに伴う外国人選手の入国遅れ、主力選手の怪我等で12球団全てがベストメンバーで1年間戦えないものですね。

しかしプロ野球ファンなら贔屓のチームが1年間ベストメンバーで戦って欲しいと願うものです。

そこでペナントレース開幕前にベストメンバーが揃わないのは承知の上で個人的な理想の開幕スタメン予想をしたいと思います。

現時点で挙げた選手の中で既に開幕に間に合わない可能性が高い選手もちらほらいますが、いち野球ファンとしてあくまで『理想としてはこの形』を前提にしています。

今回は2021年のセ・リーグ5位チームである中日ドラゴンズ編です。

助っ人外国人と注目ポジション 理想の開幕スタメンはコレだ!

最近はBクラス常連になってしまい2021年は5位の中日はビシエド、Aマルティネスが残留。ドラフトで即戦力のブライト健太、鵜飼航丞両外野手を獲得。

コンディションに問題がなければ大島、ビシエドのスタメンは確実ですが、その他のポジションは流動的と言えます。その中でも捕手は木下、三塁手は高橋周平、遊撃手は京田はかなりの確率で開幕スタメンでしょう。

注目のポジション…二塁手、左翼手、右翼手

二塁手は昨年少し台頭した高松、復活を目指す阿部、オープン戦の結果次第では二塁手にも挑戦している石川、若手のホープ土田辺りが候補になります。昨年の試合を観ていて個人的には高松のスピードを活かして欲しいと思っています。

左翼手と右翼手ですが、おそらく中堅手が大島になると思います。(個人的に大島は年齢や肩の弱さを考えて左翼手にするべきと思っていますが)

大島以外の2人が両翼になるのですが候補は昨年光るものがあった若手の岡林、そろそろ出てきて欲しい根尾、パワーが売りの福田、復活を目指す平田、さらにドラフト1位のブライト健太、同2位の鵜飼がしのぎを削ります。

開幕投手は昨年2冠の柳か2年前の沢村賞投手である大野雄大の一騎打ちになると思います。(追記:3/1に各社スポーツ新聞より大野雄大の開幕投手内定を発表!予想通りでした)

中日、開幕投手は大野雄大「相手が巨人と決まった時点で鳥肌が立ち、決めていた」立浪監督明かす(日刊スポーツ)

以上を踏まえて戦力が万全である前提で予想した理想の開幕スタメンが以下の通りになります。

2022年 中日ドラゴンズ 理想の開幕スタメン

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました